夢の配当金生活。社会人になって12年間浪費し続けたOLの軌跡

夢の配当金生活。社会人になって12年間浪費し続けたOLの軌跡

初めまして。配当金生活を目指す渋谷で働くIT系OLのhigeです。2018年に本格的に投資デビューしました。周りには投資をしている人が皆無だったので、投資の先輩たちと交流したくてブログを始めました!目標は、資産5000万円を作って、配当金生活を送ることです。

幼少期〜18歳 本の虫だった学生時代

本

一般的な中流家庭に生まれ落ち、小中高と公立へ。際立ったお金持ちもおらず、どん底貧乏もおらず、本当にいたって普通の学生時代をおくる。学校へ行って程よく勉強して、放課後は図書館へ直行。司書さんに「本の虫だね〜」と言われる。コナン・ドイルから始まり、ヨースタイン・ゴルデル、トリイ・ヘイデン、江國香織、山田詠美をこよなく愛する。


18〜20歳 大学生ファッション創世記

初めてのアルバイトでセブンイレブンとビックカメラへ。時給700円代で貴重な大学時代の放課後をせっせと働く。この頃、ファッションに目覚め、ギャル系、モード系、山ガール系とその時々流行ったスタイルを日替わりで楽しむ。

美容室には2週間に1度行ってカラー&カット。ネイルまではお金が回らず、セルフでどこまでできるかを突き詰めていく。実家暮らしのため自分で稼いだお金は120%浪費。(お小遣い含む)


21〜22歳 大学生出版社バイト時代

大学3年の春休み、教授に呼び出され「このままだと単位落とすよ」と宣告を受ける。バイトしすぎて、学校に行くのを忘れていた。このままではやばい!と単位がもらえるインターンシップに申し込む。配属先は、地元の出版社。学生だというのに、労働基準法全く無視で1ヶ月働き、アルバイトとして雇用される。そこから、さらに働き、

8時出勤→昼ごはんを食べながら大学へ→20時に会社に戻り朝方まで働く

という超絶ブラックな働き方を約1年続け、そのまま正社員に。地方の弱小出版社のため、初任給は手取り15万円で、1日15時間以上働き続ける。


23〜32歳 就職&上京ファッション全盛期

就職後、半年で転勤で東京へ。手取り15万円+住宅手当10万円という謎の給与形態。モードファッション系の雑誌を担当し、どんどん浪費が加速する。1着40万円のコートを買った時「なんのために働いてるんだ」と我にかえる。

貯金ゼロ、クレジットカードの支払いに追われる日々。なのに、シャネル、セリーヌ、グッチ、クロエ、カルティエ…とハイブランドを買い続ける。今振り返ってもどこからそのお金が出て来ていたのか謎。


33歳〜現在 転職で初めてファッション以外の仕事へ

出版業界から手を引き、ファッション以外の仕事に初めてついた。そしたら、みんなユニクロを着ていることに気がついた!1日15時間以上働いていたため、アフター5が本当に存在することに驚愕!さらに、30過ぎて貯金ゼロなことに、ここで初めて危機感…。しかし、浪費ぐせが抜けず、貯金はゼロのまま。

2017年12月、祖母から生前分与してもらっていた現金900万円をどう使おうか悩む。そんな時、雑誌のTRENDYで資産運用特集をみて「投資とは?」とお金の勉強をスタート。

  • ふるさと納税
  • 自社株買い
  • 確定企業年金
  • iDeCo
  • つみたてNISA

と、投資レベルをUP!2018年12月末の大暴落で、念願の個別株デビュー!2018年12月、三菱サラリーマンのブログを見て、アーリーリタイヤを決意。

50歳で資産5000万円を4%で運用して200万円(月16.6万円)を目指す ←NOW!

2019年1月から毎月10〜15万円を貯蓄→高配当株&優待株に投資中!

配当金生活を目指し、お金のことを知って思うこと

お金

社会人になって、約10年間、馬車馬のように働き、稼いだ分だけ浪費していました。今考えるとなんて馬鹿な…と後悔しますが、まあ楽しかった(笑)。3年前の転職を機に、周りの環境がガラリと変わり、残業はほぼゼロ。収入も安定し、ファッションや交際費が激減して、時間とお金にゆとりができたとき、はっと気がつきました。

まとめ

「私、老後やばくない?」

という気付きをうけて。その時まで、iDeCoも知らず、個人年金もかけず、なんなら厚生年金や税金を自分が一体いくら支払っているかも知りませんでした。そこから、マネー雑誌と書籍を読み漁り、積み立て投資信託と高配当株のインカムゲインを知りました。そして、三菱サラリーマン様のブログにたどり着き「給与の8割を全力で投資に回す」という素晴らしい哲学に出会い、頭をガーンって殴られたくらいの衝撃を受けました。

お金に働いてもらう

そんな感覚、今までの私にはなかった!それに気がつかせてくれた三菱サラリーマン様には感謝しかありません。

そこから本気で生活を見直し、月に1万円だった貯蓄を10〜15万円まで引き上げました。この資金を米国ETFと国内高配当株に回し、最短距離で配当金生活に入り、経済的自由を手に入れたいと思います。

配当金OLとはカテゴリの最新記事