H&M STUDIO×安達祐実が可愛すぎ。モードを格安で楽しむ方法

H&M STUDIO×安達祐実が可愛すぎ。モードを格安で楽しむ方法

ファッションに極力お金をかけないようになったhigeですが、ファストファッションの中でもH&M STUDIO(エイチアンドエム ストゥディオ)は、モード感たっぷりで、ハイエンドなデザインが揃っています。今シーズンは安達祐実さんがキージュアルとなっているのですが、それがまた可愛いんです。

H&M STUDIOとは?

H&M STUDIO(エイチアンドエム ストゥディオ)は、プチプラなH&Mの中の最も高級なライン。非公式ながらパリコレでランウェイショーも行い、素材もカシミアやウールなど高級です。

H&Mはプチプラだけど、30代半ばになってくるとややチープ感が気になるところ。そんな女性にぴったりなウェアが揃うハイエンドモデルなのです。

H&M STUDIOの2019年秋冬は安達祐実がキービジュアル

公式ツイッター

2019年秋冬コレクションのキービジュアルは、女優として活躍する安達祐実さん。その着こなしが可愛すぎて、思わず目がハートになりました!本コレクションの発売は2019年9月5日から。

公式ツイッター

長身のモデルが着こなすと、洋服はどうしたって素敵に見えます。身長152cmの彼女が着こなす等身大のファッション。日本人の女性にとっても身近でとてもおしゃれ。このコレクションに俄然興味が湧き、着用アイテム以外もリサーチしてみました。

H&M STUDIOの注目コレクションと着こなしかた

公式ツイッター

めちゃくちゃかっこいい、この着こなしはトップス(¥8499)スカート(¥9999)と、モードブランドの10分の1以下。このバランスで完コピしてきこなしたいです。めっちゃ素敵!他にも可愛すぎるアイテムがたっぷりあるので、どれを買うか迷ってしまいます。

アルパカ素材のゆるっとニット ¥13999

公式サイト

個人的に白のニットが大好きです。汚れるリスクはもちろんありますが、冬はダークな色合いになりがち。そんな時に優しいホワイトカラーは、周りをパッと明るくしてくれる効果があると思っています。このニットは裾が個性的で、着こなしの幅が広がりそう。こういうシルエット、大好きなんです。細身のパンツに合わせてもいい。印象的な後ろ姿が作れるはず。

ノンワイヤーブラ好きにはたまらない ¥2499+¥1799

公式サイト
公式サイト

ノンワイヤーブラ、大好きです。ゴールドレースがあしらわれたこのランジェリーが可愛すぎて、今一番欲しいかも。ゴールドのランジェリーってあまりみたことないけど、繊細なレースだから下品にならず、肌馴染みも良さそう。このセットは欲しい…。

モード感たっぷりのカットニット ¥11999

公式サイト

個性的なカッティングが全面に施されたホワイトニットは、ワンピースとレイヤードして着こなしたい!と一目惚れしました。ラフにカッティングされた裾のあしらいも好み。これで11999円って格安すぎます。

クラシカルで個性的なブラウス ¥8499

公式サイト

安達祐実さんも着こなしていた「コットンパフスリーブブラウス」は、クラシカルな中に個性を秘めたデザイン。ふんわりしたショルダーラインが、芯の強い女性に見せてくれそう。ボトムスは黒のスカートや細身のブルーデニムでシンプルに仕上げたい!

レトロでドリーミィなワンピース ¥11999

公式サイト

スタイリングが簡単に決まるワンピースは私のコーディネートの定番です。このワンピースは個性的なショルダーラインとバルーンスカートが印象的。久々にロングブーツを合わせて、このワンピースを着こなしたいと切望しています。

アシンメトリーなプリーツスカート ¥9999

公式サイト

このスカートは、モードラバーなら着こなせるであろう上級者向け。初心者は手を出してはいけないデザインです。が、しかし!これ今買ったら白Tにあわせるだけで、かなりオシャレになると思います。大胆ながらとデザインですが、モノトーン+差し色の赤だから、これ以上色を足さなければ無難にまとまりそう。でも絶対にメイクはしっかりモードに仕上げてね。すっぴんだけはだめ。

まとめ:H&Mストゥディオは、おしゃれ偏差値が上がる

公式サイト

私、秋は一番おしゃれが楽しい季節なんです。それは、落ち着いた色合いで秋冬を意識しつつ、まだ身軽なウェアを身につけられるから。だから、物欲が抑えられるか不安です(笑)。H&M STUDIOは、今期も私のツボをぐいぐい推してくる可愛いアイテムが目白押しでした。特にオフホワイトのニットは私のワードローブに加えたいと強く思っています。ユニクロも可愛かったけど、H&Mも捨てがたい…。秋のワードローブ計画、しっかりと立てないとあとで後悔することになりそうです。

ファッションカテゴリの最新記事