ネオモバイルで単元未満株をコツコツ買い増してみた。メリット&デメリット

ネオモバイルで単元未満株をコツコツ買い増してみた。メリット&デメリット

歴史的な大暴落の最中、今すぐ自由に使えるキャッシュがなく、定期預金を解約するか悩んでいるところです。底が見えない相場では、いつ買うべきかは誰にもわかりません。しかし株は大バーゲン中。ということで、SBIネオモバイル証券を開設して、単元未満株を少しずつ買い進めることにしました。

SBIネオモバイル証券とは

SBIネオモバイル証券は、Tポイントで株式が買える日本初の証券会社です。1株から株を購入することができます。100株1単元だと、手が出ない有名企業も1株なら格安。

SBIネオモバイル証券の特徴は、月額220円で取引し放題という点です。通常、証券会社で売り買いする際には、取引手数料が必要です。SBIネオモバイル証券は月額制で手数料は無料(50万円まで)で、さらに今は毎月200円分のTポイントが付与されるので、手数料は実質月20円です。

スマホを見る女性

SBIネオモバイル証券で購入した株は、100単元以下でも配当金が付与されます。株主優待は大抵の場合、最低100株以上ですので1株取得だと付与されませんのでご注意ください。

SBIネオモバイル証券のメリット

女性

この下落相場、たくさんの銘柄を分散して変えるだけの現金を持っていてればいいのですが、ごくごく普通の会社員には無理な話。1銘柄100株5万円だとしても10銘柄買うということは50万円が必要です。1銘柄に集中して購入してもいいですが、リスク分散ができません。

そこで私が本格的に始めたのがSBIネオモバイル証券でした。これ、毎月決まった金額しか使えない会社人にとってどれだけ便利なんだ!という感動サービスでした。なぜ今まで使わなかったのか…。

1株から購入できる

一番のメリットは、1株から購入できることです。世界で活躍する有名企業も数千円で購入可能。配当利回りが8%を超えたJTも1900円代で購入できますし、大人気のNTTドコモも2000円代。

ちなみに100株1単元で460万円もするユニクロも4.6万円で購入可能なんです。すごい、画期的!

ちなみにSBI証券や楽天証券でも1株から変えるS株という単元未満株を購入するシステムがありますが、約定代金×0.500%(税込0.550%)で最低手数料:50円(税込55円)と売買手数料が割高なんです。

配当金はしっかりもらえる

単元未満株でたったの1株でも、1万株持っている投資家と同じ割合の配当金がもらえます。そう、配当金はどんなにビッグな投資家でも、こじんまり予算の投資家でも平等なんです。

ネオモバイル証券

2020年3月16日現在のJTを見てみると

  • 株価:1914円
  • 配当利回り:8.04%
  • 予想配当金:154円(1株あたり)

という情報がわかります。権利確定日に保有していると、1株あたり1年間に154円を投資先からもらえるということ。素晴らしい、キャピタルゲイン。

Tポイントが使える

ネオモバイル証券

SBIネオモバイル証券は、Tポイントで日本株を購入することができます。私はウェル活に使っているので、Tポイントで株を購入することはありませんが、使い道がなく、ただただTポイントが溜まっちゃっている人にはおトク。

実質月額20円で取引できる

SBIネオモバイル証券は、一般的な証券会社と違い、月額220円が必要です。サブスクモデルなんです。その代わりに200円分のTポイントが還元されますし、通常必要な売買手数料が50万円分の取引までタダ。

50万円以上では、以下の手数料がかかります。

月間の国内株式約定代金合計額サービス利用料(月額)
0円~50万円220円(税込)
300万円1,100円(税込)
500万円3,300円(税込)
1,000万円5,500円(税込)

※1000万円以上は、100万円ごとに1,100円(税込)が加算

毎月数万円を取引するだけなら、実質20円で株の売買ができますので、価格破壊もいいところです。ちなみに私は、貯めたTポイントをウェル活で使うので、200ポイントバックを300円分で利用していて、さらにお得です。

▼Tポイントがお得になるウェル活とは

手数料無料で別証券会社口座に移管できる

SBIネオモバイル証券で、コツコツ単元未満株を集めて1単元まできたら、別の証券会社に移しましょう。いざという時、売買するのに50万円を越えると月額費用が1100円必要になってしまいます。

実は株の移管はすごく簡単で、しかも無料です!

株式の移管出庫は、SBIネオモバイル証券の手数料は無料となります。
ただし、移管先の証券会社で手数料がかかる場合がありますので移管先証券会社にご確認ください。

ネオモバ

ただし、手続きが若干面倒。電話して書類を取り寄せて、郵送しなければなりません。でももしものことも考えて、ある程度溜まったらメインで利用している証券会社へ移管しておきましょう。

SBIネオモバイル証券のデメリット

花畑の少女

会社員に嬉しい、

  • 手数料ほぼゼロ
  • 低予算で買える
  • Tポイントでも買える

というメリットだらけのSBIネオモバイル証券ですが、デメリットもあります。

リアルタイムで売買できない

SBIネオモバイル証券の最も大きなデメリットは、リアルタイム購入ができないことです。10時半までに注文しないと、その日中に約定しません。

▼0:00~10:30に注文した場合
当日の後場始値で買付または売却します。

▼10:30~21:30に注文した場合
翌営業日の前場始値で買付または売却します。

▼21:30~24:00に注文した場合
翌営業日の後場始値で買付または売却します。

投資信託は、翌営業日なのでまだマシなのか…。しかし、これはいくらになるかわからないので、ちょっとストレスです。

使用しなくても毎月220円かかる

Tポイントで200円文がもどってくるとはいえ、220円は利用料としてクレジットカードから差っ引かれます。これは、取引を全くしなくても同様です。

しばらく使用しない場合は、一時停止しましょう。そうすると翌月の利用料金はかかりません。

月50万円以上の取引すると、月額費用が高くなる

50万円以上で1100円の月額費用になります。少額取引に向いている証券口座ですので、大きな金額を動かすときは他のネット証券でやる方がおすすめです。

100株買わないと株主優待はもらえない

1株取得しても、大抵の場合は株主優待はもらえません。優待目当ての投資なら、100株購入する必要があります。

  1. 1株ずつ買い進めて100株に育てる
  2. 1回で100株購入する

この2つの方法がありますが、今の暴落時は株価の底が見えないので、1「1株ずつ買い進めて100株に育てる」で私は進めています。落ち着いてきたら、一気に購入して、他証券会社に移管してもいいかなと。

まとめ:余力はないけどコツコツ株を買い集めたいならおすすめ

地図とコイン

月額費用がかかるということで、敬遠していたSBIネオモバイル証券ですが、使ってみるとすっごくイイ!たっぷり資金があれば、欲しい銘柄を100株ずつ購入できますが、私の場合は毎月の給与から予算を立てて、投資資金にしているので、購入タイミングを逃すことが多々あります。でもSBIネオモバイル証券なら、1株数百円〜数千円で気軽にポチれるので、気負うことなく気軽に保有銘柄を増やすことができます。

月額費用がかかるので、利用しなくなったら一時停止すればOKですし、その手続きも簡単そうだったので、私はありでした。というか、便利すぎました。

人それぞれですが、予算が限られていて「せっかくの暴落なのに銘柄コレクションが増えない!」と嘆いている会社員投資家の皆さんにイチオシです。

今日も暴落でぽちぽち。きっと明日も暴落でぽちぽち。昨日より値が下がっても、しばらく押し目買いできますね。心穏やか。

株式投資カテゴリの最新記事