Visa LINE Payクレジットカードで3%ポイントが貯まる!メリットとデメリット、ポイントの使い方

Visa LINE Payクレジットカードで3%ポイントが貯まる!メリットとデメリット、ポイントの使い方

LINE初のクレジットカード『Visa LINE Payクレジットカード』を受け取って1ヶ月がたちます。1ヶ月間、メインのクレジットカードとして使ってみて、メリットとデメリット。そして、貯まったLINEポイントをどう使うべきかについてまとめたいと思います。

Visa LINE Payクレジットカードとは

SMBC


LINEが初めてのクレジットカードを発行しました。名前がめっちゃ長いのですが、

Visa LINE Payクレジットカード

です。LINE PAYカードは別にあるのでご注意ください。

LINEからは3つの支払いサービスがリリースされています。今回は初めて”クレジットカード”がリリースされましたが、LINE Payからは、プリペイドカードやコード決済がすでにリリースされています。

Visa LINE PayクレジットカードLINE PayカードLINE Pay
種別クレジットカードプリペイドカード(カード)コード決済(スマホ)
ポイント3%還元1〜3%1〜3%
使用店舗VISA加盟店JCB加盟店QRコード決済対応店
年間費初年度無料無料無料

Visa LINE Payクレジットカードは、普通のクレジットカードとして使える初めてのLINE支払いサービスなんです。

利用可能個所国内外VISA加盟店
審査:あり
年会費サービス初年度無料。2年目以降も、年間1回以上のカードご利用で無料。
タッチ決済iD

特長
・事前の残高チャージ不要でLINE Payでのお支払いができて、LINEポイントも還元される便利な「チャージ&ペイ」機能が備わっています!
・Visaのタッチ決済機能がついており、リーダーにカードをかざして安心安全、スピーディーにお支払いできます。

LINE PAYブログ

Visa LINE Payクレジットカードのメリット

裸足の女性

まずは、Visa LINE Payクレジットカードのメリットを見てみましょう。

3%ポイント還元(初年度のみ)

一番の特徴は、初年度は使用金額に対して3%のポイント還元があることです。おおよそのクレジットカードのポイント還元率が1%であることを考えると、3倍!1ヶ月の使用量で比較してみると…

使用金額/月額1%還元(一般的)・年間3%還元(LINE)・年間年間差額
10万円1000円・1.2万円3000円・3.6万円2.4万円
15万円1500円・1.8万円4500円・5.4万円3.6万円
20万円2000円・2.4万円6000円・7.2万円4.8万円

こんなに差が出ます。

ちなみにLINEポイントの基本還元率は1%。3%還元の期間は、2021年4月30日までなので注意が必要。

しかし、毎月10万円をクレジットカードで支払っている場合、年間2.4万円分のポイント還元差があると考えると、1年間でも使う価値あり!今すぐ申し込みしましょう。

年間費無料(初年度のみ)

初年度は年間費無料です。2年目以降も1度でも利用すれば0円です(利用しないと年会費:1,250円)。

LINE PAYと連携可能

LINE PAYは銀行からの引き落としのみに対応していましたが、初めてクレジットカードからのチャージができるようになりました。私は、チャージするのが面倒なので、クレジットカードと連携できて、とても便利!

マイランク「プラチナ」が取れるようになる

LINEのマイランクは、ゴールドまでなら誰でも取得できますが、プラチナになれるのは、Visa LINE Payクレジットカードを持っている人だけの特典です。

LINE

プラチナになるためには、5ヶ月間で、5000ポイントを取得する必要があります。そして、プラチナになると下記の特典が受けられるようになります。毎月3万円のクレジット利用をすれば、クリアできるので、Visa LINE Payクレジットカードを利用していたら、問題なく「プラチナ」になれると思います。

LINE

注目すべきは、

  • LINE Pay支払いのポイント還元率が高くなる
  • 特典クーポンが10枚もらえる

の2点です。

お得なクーポンがもらえる

一番注目すべきは特典クーポンです。ランクによってもらえる枚数が変わり、プラチナの場合は10枚もらえます。特典クーポンは、

  • ローソン 100円オフ
  • ファミリーマート 100円オフ
  • リンガーハット 100円オフ
  • マツモトキヨシ 100円オフ

など、使い勝手のいいクーポンが多くラインナップしています。このクーポンの素晴らしい点は、100円のクーポンを101円から使用可能なこと。実質1枚100円の金券のように使えますので、10枚なら1000円分の価値があります。

100円オフのほか、ビックカメラやヤマダ電機の5%オフクーポンもあります。

LINE mobileが20%オフ

LINEモバイルのキャンペーン

LINEモバイルの支払いをVisa LINE Payクレジットカードに変更すると6ヶ月間使用料の20%がポイント還元されます。

1ヶ月の利用料金が2000円の場合、毎月400円分。6ヶ月で2400円分のポイントがもらえることになります。

LINE モバイルユーザーなら、かなりお得なので、半年間だけでも利用する価値あり。

デザインはシンプルでかっこいい

VISA LINE PAY クレジットカード

カードのおもて面はシンプルで、名前の刻印などもなし。裏側に名前、有効期限がプリントされています。

  • グリーン
  • オレンジ
  • ホワイト
  • ブラック

のほかに、2020年の東京オリンピック記念カラー&デザインのレッドとブルーが存在します。

Visa LINE Payクレジットカードのデメリット

絶叫する少女

逆に、Visa LINE Payクレジットカードのデメリットもあります。

LINEポイントの使い勝手がよくない

一番の懸念点は、

楽天ポイントほどLINEポイントの使い勝手が良くない

ことです。せっかくザクザクポイントが貯まっても、楽天のようにクレジットカードの支払いに充てたり、投資信託を買ったり、なんなら株を買ったりはできません。

しかし、LINE Payにポイントをチャージすれば…

  • コード決済に使える
  • LINE Payカードで使える

ので、QRコード決済をよく使う人は使い方に困ることはなさそう。また、LINE PayカードにチャージすればJCBの加盟店での支払いにも使えます。クレジットカードとプリペイドカードの2枚持ちはちょっと面倒ですが、ある程度ポイントが貯まってきたらそのように使うのもあり。LINEモバイルの支払いにも使えます。

2年目以降、還元ポイント率は1%

ポイント還元3%は、1年目のみ。2年目以降からは1%になります。他のクレジットカードと同じなので、Kyashを使ったほうがいいですね。Kyashなら、ポイント還元が合計2%になります。

2年目以降、年間費がかかる

カードの利用がない場合、2年目以降には、年間費が1,250円かかります。ただ、年に1回でも利用があれば

年間費はずっと無料

です。サブカードとしてなら持っていても損はないですね。

マネーフォワードへの連携が遅め

これはLINEの問題ではなく、クレジットカードの情報を持っているSMBCの問題でしょう。Kyashは瞬時にデータが反映されますが、Visa LINE Payクレジットカードは、マネーフォワードに反映されるまで2~3日かかることもあります。

SMBCのアプリがイマイチ

使用にあたって、VpassというSMBCのアプリをダウンロードする必要があるのですが、このアプリがいけてない。LINEのアプリ内で完結するかと思っていたのでちょっとがっかりしてます。

LINEポイントは何に使えるのか

窓辺でスマホを操作する女性

一番のデメリットであるLINEポイントの使い道。楽天ポイントほど汎用性はありませんが、LINE Payで使えるのが救いです。

LINE PAYの支払い ←おすすめ

LINEポイントは、LINE Payの支払いで使うのが最も汎用性が高いです。

  • コード払い
  • LINE PAYカード払い

コード払いは請求書の支払いなどにも対応していますので、公共料金を支払うことも可能。コンビニや加盟店での支払いに使えます。

ちょっと面倒だけどLINE PAYカードなら、JCB加盟店で使用できるので、ある程度溜まったらLINE PAYカードを持ち歩いて支払いに使っても良さそう。

LINE Mobileの支払い

LINE モバイルユーザーなら、携帯電話代金の支払いに当てるのも簡単。1ヶ月に2000円ほどなので、ポイントで全額支払いできちゃうかも。スマホ代が実質無料で使えるようなものなので、かなりお得感が高まります。

LINEギフトで金券に交換

LINEギフトを利用すれば、金券に変えることもできます。

  • スターバックス
  • サーティーワンアイスクリーム
  • ミスタードーナツ
  • モスバーガー
  • ローソン
  • 上島珈琲店

などなど。飲食の他にAmazonギフト券にも交換可能です。

ただし、使い勝手のいいamazonギフト券への交換は手数料が必要。は、11,000ポイントで10,000円分。つまり10%です。高いぜ…。

LINEの着せかえやスタンプ

LINEらしいLINEポイントの使い方として、LINEのアプリ内で使える着せかえやスタンプへの課金に利用可能です。

個人の自由だとは思いますが、着せかえやスタンプに課金するなら、せっかくの3%還元もちょっと無駄かな…とか思っちゃいます。

LINEストアで漫画やゲームに課金

こちらもLINEならではですが、LINEのサービスへの課金が可能です。LINEマンガやLINEのゲームでLINEポイントが使えます。

こちらも個人の自由だとは思いますが、時間とお金を節約する観点から、どちらもお勧めできません。

まとめ:2021年4月まではVisa LINE Payクレジットカードが全力メインです

ハートの少女

現在私が保有しているクレジットカードは3種類

  • Visa LINE Payクレジットカード
  • 楽天ゴールドカード(Kyash連携)
  • ANAゴールドカード

です。ANAゴールドカードは、マイルを貯めるつもりでしたが、今年は旅行を諦めたので、解約予定。

2020年のメインはVisa LINE Payクレジットカードを利用しつつ、楽天ゴールドカードで投資信託を積み立てます。

2021年は、楽天ゴールドカードとKyashの連携がメインになりそうです。

それまでしっかり、Visa LINE Payクレジットカードを使い倒してお得を満喫したいと思います。

▼Kyashで2%ポイントを貯める

節約カテゴリの最新記事