5年半、iDeCoを毎月1.2万円積み立てて100万円超えました

5年半、iDeCoを毎月1.2万円積み立てて100万円超えました

私がiDeCoを初めたのは2017年のことです。当時は仕事も恋愛もうまくいかず、将来が不安でした。せめて努力でなんとかできるお金だけは準備しておこうと始めたことのひとつがiDeCoです。

わたしとiDeCo

女性

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、会社員ができる数少ない節税対策で、将来もらえる年金への不安を解消できる積み立てです。

私がiDeCoの積み立てを始めたのは2017年でした。当時は、所属していた会社で大きなトラブルがあり事業継続が不安定だったり、年下の彼氏と結婚問題で揉めて別れたくても別れられなかったり、とにかく不安でいっぱいだったことを覚えています。

人間関係や仕事のことは、自分でもコントロールできない部分が多いので、せめて自分でコントロールできることは、なんとか安定させたいと思い、お金の勉強を始めました。当時は投資って何?というくらい、お金について無知でした。そんな私でも、iDeCoは「絶対やった方がいいな」と思う節税システムでした。

私の場合、iDeCoの積み立て上限は、月1.2万円でした。

「え、たった1.2万円じゃ、全然お金なんかたまらないじゃん」

というのが、当時の私の率直な感想。でも結果、5年後には100万円を超えましたので、驚きです(その当時の私には100万円は大金で、貯められる気がしてなかった金額です)。

iDeCoは、その人の属性によって、積み立て可能金額が異なります。

職業上限金額
公務員月額1万2000円
(年額14万4000円)
会社員
(勤め先で確定給付企業年金に加入)
月額1万2000円
(年額14万4000円)
会社員
(勤め先で企業型確定拠出年金のみ加入)
月額2万円
(年額24万円)
会社員
(勤め先に企業年金がない)
月額2万3000円
(年額27万6000円)
専業主婦(夫)月額2万3000円
(年額27万6000円)
自営業月額6万8000円
(年額81万6000円)

私の場合は、会社員(勤め先で確定給付企業年金に加入)でしたので、年間14.4万円が上限でした。上限いっぱいで申し込みました。

2年目までは、あまりお金の管理ができておらず、引き落とし口座にお金がなくて、積立できない月もあったのが正直なところです。3年目以降は、安定して引き落としできています。

5年半の拠出金と資産残高の推移。含み益は+25万円

拠出金と資産残高の推移

私のiDeCoの拠出金と資産残高の推移です。初年度は、月2.3万円を拠出していました。2年目までは、引き落としできてない月もしばしばありました。

年度年度の拠出金合計拠出金累計資産残高累計含益
201717.4万円17.4万円17.0万円-0.3万円
201860.0万円23.4万円23.1万円-0.2万円
201914.4万円37.8万円31.6万円-6.1万円
202014.4万円52.2万円62.8万円10.6万円
202114.4万円66.6万円90.1万円23.5万円
20229.6万円76.2万円101.7万円25.5万円

2017年6月から積み立て始めて、2022年11月に100万円を突破しました!実際に積み立てた金額は、76万円で、現在含み益が25万円あります。

あの頃の私に教えてあげたい。

「たった1.2万円でも5年半で100万円、超えますよ」

と!3年目までは、含み損状態でしたが、4年目以降は大きく含み益を伸ばしています。

このグラフを見ると、iDeCoを投信積立で行うことは、一般人にもできる最適解かもしれないなと改めて思います。

私はクレジットカードの投信積立もしていますが、投信のメインはiDeCoの長期投資です。今後もこの積み立てはコツコツと続けたいと思います。

ポートフォリオの主力は?

私のiDeCoのポートフォリオの主力はなんといっても

ゴールド(金)

です。長期的にみて、金はこれからも価値がどんどん上がっていくと思っています。今はゴールドを買い続けて、10年後20年後に、私の生活を支えてくれる資産になることを願っています。

上昇率でいうと、先進国株がすごい勢いで伸びています。コロナ禍で価値が下がっていた時に、きっちり買い増ししていたのが良かったのでしょう。含み益がすごいです。一度リバランスして、ゴールドにスイッチングしましたが、それでもまだまだ含み益たっぷり。

2024年、積み立て上限が変わります

厚生労働省の資料より

2024年、私のように会社員(勤め先で確定給付企業年金に加入)のiDeCoの積み立て金額引き上げがあります。拠出上限は、1.2万円から2.0万円に引き上げられる予定です。

ただし、確定給付企業年金(DB)と合わせて5.5万円が上限ですので、iDeCo2万円を拠出する場合は、DBが3万円までになります。

私は今のところ、毎月3万円をDBに積み立てているので、このまま変更せず、来年12月にiDeCoの拠出額を上限の2万円に変更しようと思っています。

まとめ:コツコツ積み立てたら、100万円貯められた

女の子二人

コツコツと毎月1.2万円積み立てたら、いつの間にか100万円を達成しました。

たったの12000円。

でも毎月続ければ、100万円になる。

って、よく考えられば、いつかは達成することは分かっていましたが、こんなに早いとは思ってもみませんでした。

もしこれからiDeCoを始めようと思って、でも金額が少ないから意味ないかも、と思っている人がいたら、意味なくないから、今すぐやった方がいいよと言いたいです。もちろん、昔の自分にもそう伝えたいです。続けてくれてありがとう、過去の自分。

投資信託カテゴリの最新記事