【下方修正】2020年上半期の貯蓄は住環境整備に投資します

【下方修正】2020年上半期の貯蓄は住環境整備に投資します

先日、2020年上半期の貯蓄実績と、下半期の貯蓄計画を建てたばかりでしたが、急遽計画を全変更することにしました。根拠はありません。ただ直感的に「いま動かねば!」というタイミングな気がします。(私の第六感はよく当たります 笑)

2020年下半期の資産増量計画を立てたばかりですが…

部屋

7月に入って、今年も折り返し。2020年下半期の資産積み上げ計画を建てたばかりでしたが、この度、それを全部覆して、神奈川県に引っ越しをすることを決めました。

これにより、私の2020年の資産積み上げは半減する可能性が濃厚です。しかし、いま動かねば何だか後悔しそうな気がして、重い腰を上げて新しい土地への出発を決意したのです。

2020年上半期は74万円の貯蓄を積み上げました

財布

2020年1月から6月に、積み上げた貯蓄は74万円です。7月から12月までに106万円の貯蓄を目標にしていました。

しかしその目標は、先週末、諦めることにしました。

▼2020年上半期の貯蓄実績を公開

引っ越し予算は50万円

ドルを持つ女性

引っ越しでかかる概算費用は36万円です。敷金礼金は無料なのですが、仲介手数料や保証会社加入など、何かと初期費用はかかってしまいますね…。無念。新たな家具購入なども含めると、50万円ほどを予定しています。

貯蓄74万円に対して、50万円が引っ越しで吹っ飛びます。上期の貯蓄残高24万円。

涙でそう。

2020年の貯蓄目標は180万円→130万円に下方修正

お金の少女フィギア

多くの企業がいま業績の下方修正をするように、私の貯蓄目標も130万円に下方修正します。50万円あれば、JTが250株も買えて年間利回りが…と考えると、もはやお金を使うのが怖くなるレベルですが、いま動かないといけないような気がしたんです。

私がいま東京脱出する理由

海辺で日焼け止めを塗る女性

もともと都心に住んでいたのには、理由がありました。

早起きが苦手だから。

これは、自分の歴史のどこを辿っても出てきます。朝、苦手なんです。幼稚園児の頃から。小学校は自宅から15分でしたが、それでも朝起きられず、徒歩1分の祖父母の家に住み着きました。高校は、父の会社の近くを選び、朝送迎してもらってました。就職の時も、朝が早くない仕事を選びました。

だから、東京に来てからも、できるだけ職場に近いところに住んで、少しでも朝の負担を減らしたかったんです。

しかし、時代は移り変わり、複合的な要因から「東京に住まなくていいんじゃない…?」と思いついてしまったのが7月はじめ。そこから私の引越し計画が始まりました。

東京の家賃は高い・狭いから

皆さんご存知の通り、東京は日本一家賃が高いです。私の場合、家賃は高くありませんが、ワンルームにきゅうきゅうしながら暮らしています。

同じ家賃で神奈川県で検索すると…

新築!

1LDK!!

ペット可!!!

などなど。条件がかなり良くなります。逆にグレードを落とさず探した場合、2〜3万円は安い物件が見つかりました。

リモートワークでできる仕事だから

私が携わっているITの仕事は完全リモートワークに対応中。3月から完全リモートワークになり、業務で職場に行く必要がないということに驚愕しました。

サービス業や製造業は、リモートワークには向いていないので、東京に住んでいるメリットはあると思うのですが、私の職種にはメリットがない。むしろ、家にいる時間が長くなって、ワンルームだと手狭です。業務効率を上げるために、ある程度の広さやリフレッシュできる空間づくりが必要だなと感じました。

生活しやすい街を見つけたから

もうひとつ、私が都心を出るのにためらった理由があります。それは、車の運転ができないことです。

駅前にショッピングモールがあり、生活には事欠かない街に引っ越した友人の話を聞いて「私も、住めそう」と思い電車で1時間。そう、渋谷からたった1時間でそこは別世界でした。駅前には大型ショッピングモールが2つもあり、映画館にフードコート。歩いて行ける距離にビーチがあり、道は比較的平坦。

「あれ、これめっちゃ良くないか!?」

と、ワクワクスイッチが入りました。

会社から交通費が支給されるから

完全リモートワークに移行した弊社ですが、交通費は実費支給してもらってます。いつか終了してしまう可能性もありますが、今のところもらえて、引越すと交通費が2.7万円支給されます。今は徒歩圏内なので、5000円くらいかな。引越し代の足しにできそうかな〜と淡い期待を持っていますが、いつなくなるかわからないので予算には組み込まず。11ヶ月で家具以外の引越し費用がペイできる計算です。

…ネコが飼いたいから

リモートワークでひとり暮らし、孤独ですよね…。孤独なんです!家族がいる人には家族があるなりの苦労があると思うのですが、ひとりはひとりの寂しさがあります。

そこで大好きなネコ。YOUTUBEで毎日見てます。リビングのある家で、ネコとクラス生活。最高そうじゃないですか。

私が大好きなネコの動画、貼っておきますね。

完全リモートワークの私の引越し先の5つの条件

パソコン操作する女性

リモートワークを基本とした私の引越し先条件です。以前と変わったのは、

  • 職場と最寄距離の移動時間
  • 駅からの距離

です。これを妥協することで、家の広さと設備のグレードアップを図ります。

職場から最寄駅まで1時間以内

リモートワークが基本なので、職場と自宅は遠くてもOK。しかし、今後出勤することもあると思うので(週1回とか?)通勤可能圏内にしました。

駅徒歩20分以内

現在の自宅も駅から20分ですが、バスもあるので不便を感じたことはありません。でもこれ以上離れるともしもの時に歩いて駅に行くの大変すぎるので、20分を限界値にしました。

通勤もないので、駅に行く頻度も低いと思われます。

(ますます引きこもりの予感)

ペット相談可物件

将来的にネコを飼いたいので、ペットOKの物件に絞ります。敷金が+1ヶ月分かかるのが気がかり。

木造不可

自宅で仕事をするので、日中の騒音が気になります。音が響きやすい木造は避けます。

1LDK以上の広さ

現在はキッチン別のワンルーム。寝室とリビングは分けたいので1LDK以上の広さが欲しいです。ネコちゃんがきたときに、狭すぎると可愛そうですしね。

まとめ:時代の変化を感じたら、いち早く反応したい

私の友人でも移住や引越しをしている人がちらほら。彼らは一様に「東京に魅力を感じなくなった」と地方に移動しています。私もその考えに同感です。以前は都内に住んでいることで得られたメリットが、どんどん薄れていき、魅力が損なわれている…まさに今坂道を転がり落ちて行く瞬間のように感じています。

それに気がついて、自分の今の状態に合わないんだから、住環境を今すぐ変えよう!と心が決まりました。住む場所や環境をすぐに変えられるのが賃貸の魅力。楽しい毎日を送るために、冬までに広い家に引っ越して、楽しいリモートワークライフを送れるように準備したいと思います。

仕事・副業カテゴリの最新記事