JALカードに審査落ちした私がやった5つのこと

JALカードに審査落ちした私がやった5つのこと

JALのマイル修行を志してJALのクレジットカードに申し込んだのですが、あえなく審査落ちしました。クレジットカードの審査落ちは初めての経験。しかも、その理由は教えてもらえません。自分で考えて解決するしかなくてこまりました。

JALカードの審査は厳しい?

窓際に座る女性

JALカードもいろいろありますが、私が申し込んだClub-Aゴールドは、比較的審査が厳しい部類のクレジットカードのようです。

日本に生活基盤のある方で日本国内でのお支払いが可能な、以下の条件を満たす方
※JALカードSuicaにはCLUB-Aゴールドカードはありません。
[JAL・Mastercard/JAL・Visaカード/JALカード TOKYU POINT ClubQ]
20歳以上、一定以上の勤続年数・営業歴と安定収入のある方
※DCカードをお持ちの方は利用実績があり、会員規約を遵守されている方
[JAL・JCBカード/JALカード OPクレジット]
20歳以上でご本人に安定継続収入のある方
※学生の方のお申し込みはできません。
【JALダイナースカード 】
原則として27歳以上
【JAL アメリカン・エキスプレス®・カード】
20歳以上でご本人に安定した収入のある方(学生を除く)

CLUB-Aゴールドの審査基準

これ以外に下記の2つもチェックされていると言われています。

  • 属性情報(年収、職業、勤続年数)
  • クレジットヒストリー

属性情報の審査基準は公表されていないのですが、最低でも100〜150万円の年収が必要と言われています。職業は正社員>契約社員>アルバイト・パート>フリーランスと安定性があるほど有利になります。勤続年数は2-3年が必要という味方が多かったです。

もうひとつのクレジットヒストリーとは、個人信用情報機関に登録されているクレジットカード、カードローン、債務整理や自己破産などの個人信用情報を指します。この情報が悪いと審査が下りず、審査落ちとなってしまいます。

私は申し込みから3週間後、審査落ちのハガキが届きました。

私の属性情報はJALカードの基準を満たしてない?

携帯を見る女の子

まずは属性情報を振り返ります。

  1. 年収:555万円
  2. 職業:一部上場企業の正社員
  3. 勤続年数:3年

あえていうなら勤続年数が短めという点が不安要素ですが、1と2は基準を満たしているので問題ないはずです。ちなみにゴールドカードだと年収250万円くらいは必要という仮説もみたので、自信のない方はノーマルカードからグレードアップしていく方がおすすめ。

私のクレジットヒストリーは?

クレジットカード

こちらも自分自身では心当たりがありません。私のクレジットヒストリー(自称)は…。

  1. 楽天カード(限度額200万円)
  2. DCカード(限度額50万円)
  3. SOFTBANKカード(限度額不明・未使用)
  4. オリエントコーポレーション(Apple Watch12回払いローン)

この4つのはずです。支払い遅延もありませんし、踏み倒したこともありません。おかしいなぁ。

私がやった5つのこと

JALカードの審査をしている会社で、どの信用情報を参照したか調べた

私はVISAを申し込んだので審査は、MUFGが行います。MUFGが審査する場合、JICCとCICの信用情報が照会されることがわかりました。

信用情報
MUFGの信用情報機関

これによると、CICとJICCというふたつの信用機関を利用しているようでした。この2つの機関に、自分の信用情報を取り寄せることで、クレジットカード審査落ちの原因がわかるはずです!

JICCで自分の信用情報を取り寄せた(郵送で4日間)

JICCはアプリをダウンロードして、そこから申し込みをします。取り寄せには1000円が必要で、申し込み後4日ほどで簡易書留で自分の信用情報が届きます。

書類が届いて見てみると…特に問題はない。そして、よくみると…

「申し込み内容に基づき検索しましたが、お客様の情報を紹介した会員はありませんでした」

…つまり、JALカードの審査でJICCの信用情報は使われていなかった!つぎはCICです。

CICで自分の信用情報をダウンロードした(ダウンロードで30分)

CICは、電話をしたあとサイトから信用情報をダウンロードできるシステムで、30分ほどで情報が見られます。(最初からこっちにすればよかった…という後悔)

こちらも1000円の手数料が必要ですが、注意すべきはVISAカードが使えないこと!世界中でVISAが使えないサービスがあるなんて。

DCカードで運良く対応できたので、ほっとしつつ、信用情報を見てみると、ありました!しっかり照会されています。つまりJALカード作成時、CICの情報のどこかに問題があり、私は審査落ちをしてしまったのです。

CICの信用情報には支払い情報が書いてあります。入金情報にはいくつかのマークの種類があり、「$」マークは請求通りの入金をしたということ。全て「$」マークでした。

請求通り(または請求額以上)の入金があった
P請求額の一部が入金された
R利用者本人以外から入金があった
A利用者の事情で約束の日に入金がなかった
B利用者の事情とは無関係の理由で入金がなかった
C未入金で原因不明
請求も支払いもなかった
空欄 クレジット会社からの情報更新なし

ちょっとびっくりしたのは、昔iPhoneを分割で買ったり、解約したクレジットカード情報もしっかり記載されていたこと。そして、楽天カードから2月に情報照会があり、そのタイミングで限度額がUPしていたこと。知らぬうちに個人情報がシェアされてるんですね。

SOFTBANKカードを解約した

まずは不要なクレジットカードを抹消します。これは正直必要ないかもと思いましたが、再申請をするにあたってベストな状態で取り組みたいため、合計の限度額が少しでも低くなるようにしたかったからです。

そして、実際使っていないクレジットカードを持ち続けているのは気持ちがいいものではないのでこの機会に断捨離!すっきり!!

楽天カードの勤務先情報を修正した

他にも原因があるはず…と見ていて気が付いたのが、楽天カードの勤務先情報が前職のままということ。そういえば、3年前からアップデートしていなかった…。もしや、これが原因では…?たしかに、申込書には現在の勤務先、メイン利用している(と信用情報からわかる)楽天カードには別の会社。これが怪しまれたのではないか!と、即楽天カードの勤務先情報をアップデートしました。

もしこれで審査に通ったら、JALカードに言いたいことがあります。

勤務先の電話番号書いているんだから、電話確認してほしかったナ…

それだけです。

12月にJALカードの再申し込みにチャレンジ!

飛行機

それ以外は、審査落ちするような要素は何ひとつ見つけられませんでした。遅延もキャッシングもゼロ。このクリーンな状態ですが、6月に信用情報を取り寄せた記録がしっかり残っています。この記録は11月末には消えると書類に書いてありました。つまり、次に再申し込みすべきは12月です。それまではただひたすらにクレジットカードの支払い遅延を起こさぬように取り組むのみ。滞ったことないから問題はありません!

まとめ

JALカード審査落ちしている人、ググったら結構いて、勝手に「仲間!」って思っちゃいました。対応策は他のサイトで詳細に書いてあったので、私は自分の体験談としてまとめさせていただきました。そして、12月に再申し込みした際には、この対応策の結果を皆様にもご共有できればと思います。

ちなみにJALカードを作るなら、ポイントサイトから登録するのが断然お勧めです!私も1万円分のキャッシュバックがある時を狙って申し込みをしました(失敗したけれども…)。まだ登録してない人は、ポイントサイト経由で申し込むとさらにお得なのでぜひ、下記から登録してみてください。

お金哲学カテゴリの最新記事